有限会社ニシザワ電着当社保有設備について

設備紹介

Equipments

保有設備について

ニシザワ電着保有の主な設備をご紹介致します。

  • 電着塗装コンベアー

    脱脂→水洗い→表面調整→皮膜処理→水洗い→電着→炉液水洗い→純粋洗いまで、電着工程全体を一気にこなす事の出来る水槽兼コンベアーです。 当社のノウハウがここに全て注ぎ込まれている、主装置です。

  • 水洗・被膜処理

    お品物の汚れや油を塗料層までに綺麗にしていきます。皮膜処理も行い、塗料の密着をよくしています。
    温度管理は随時チェックしています。

  • 塗料槽

    弊社では日本ペイントのパワーニックスを使用しています。
    膜厚は15μ~20μまで調整が可能です。

  • 乾燥室

    エアーブローで余分な塗料を落とし表面を綺麗にします。
    また、溶接部は塗料が溜まりやすいので特に注意してエアーブローしています。

  • 焼付乾燥炉

    エアーブロー処理が終わって乾燥炉に入って焼付処理をしていきます。
    120℃ 25分で完了です。

コンベアー全長(前塗装・塗装一貫ライン) 60m
塗料槽 80L 13基 縦.400×横.800×高.500
焼付乾燥炉(赤外線) 160±10℃×20min